ウォーターサーバーは1家に1台の時代

日本は、浄水技術は高く、水道水を飲むことができる世界の中でも数少ない国の一つです。

ただ、現在の日本では健康意識も高いため、より安全でおいしい水を求めて水を買う時代になってきています。



大型スーパーでもサービスの一環として、お店のカードを持っていて、容器を購入すれば水を給水するサービスがあります。



ただ、重い水を持ち運ばなければいけないというデメリットもあります。


そこで注目されているのが、自宅に置くウォーターサーバーです。



今ではたくさんのウォーターサーバーの会社があり、うたっているおすすめポイントもさまざまなため、利用者はよく比較検討し、用途にあったお気に入りのウォーターサーバーを見つけましょう。

その比較ポイントをいくつかあげてみます。
①水の種類(ミネラルの多い天然水か水道水をろ過し不純物を除去したRO水かを利用方法を考えた上で選びましょう。赤ちゃんのミルクに使う場合、天然水を選ぶ人が多いです。

)②自宅への宅配方法(重い水を無料で配送してもらえるかは大きなポイントです。)③水の容器のタイプ(使用後小さくして破棄ができるワンウェイ方式か回収し再利用するリターナブル方式かを考えましょう。

)④ウォーターサーバー自体のサイズ・デザイン(今ではお部屋になじむおしゃれなウォーターサーバーも用意されています。

)⑤料金(水の料金だけでなく、温冷水対応してサーバーが多いため電気料金もかかります。節電モードがあるかなどの水以外にかかる電気料金も比較のポイントです)⑥安全性(高温のお湯がでることは大きなポイントでもありますが、お子様が家にいる場合にはやけどの原因になるため、ロックがついているか、倒れない設計になっている等の安全面にも注意しましょう。

また、非常時の備蓄飲料水にもなり現在注目されています。

利用目的や置き場所などを考えて、お気に入りのサーバーをみつけましょう。