ウォーターサーバーのあらまし

ウォーターサーバーにはメリットがとても多いですが、利用を踏み止まっている人の中には、ウォーターサーバーについてよくわからないといった理由があります。
ウォーターサーバーは、ウォーターディスペンサーとも呼ばれ、水の宅配会社とレンタル契約を結び、サーバーを設置するものと、サーバーを買い取り、水の宅配を依頼するものがあります。



費用は、サーバーのレンタル代金とメンテナンス代金、設置費、水代、配送料、解約手数料、電気代などがかかりますが、選ぶ会社によって異なります。

サーバーのタイプには床置きタイプと卓上タイプがあり、床置きタイプはボトル設置の状態で高さ120~130cm、幅や奥行きは35cm程度が多いです。卓上タイプはボトル設置の状態で高さ70~80cmなので、テーブルなどに置くことが可能です。
水の宅配方法は、ボトル使用後に廃棄可能なワンウェイ方式と、ボトル使用後に返却が必要で回収される、リターナブル方式があります。

配達日が自由に設定できるのはワンウェイ方式であり、リターナブル方式は、新しい水の配達と同時に回収する仕組みが多いので、業者の回収可能日時に合わせる必要があります。
水は天然水とRO水が選べ、天然水は採水地の天然水をすぐにボトルに詰めています。
加工していないミネラルウォーターで、採水地による味の違いを楽しむことができます。



また、RO水は元は水道水で、高濃度フィルターでろ過され不純物やミネラル分が取り除かれています。



会社によっては、ろ過後にミネラル成分を加えているところもあります。


ウォーターサーバーが自宅にあると、重い水を買ってくる必要もなく、すぐに冷水や温水が使えます。


安全で安心なので、赤ちゃんにも使えます。